Skip to content

[GDCOnline2010][Production/Lecture] Playdom

1月 30, 2011

※2010年10月に開催されたGDC Online のレポートです。

▼タイトル▼
Working Carefully on the Fly: Thoughts on Live Social Game Design

▼発表者▼
Troy Whitlock (Playdom)
http://www.playdom.com/

▼代表的なサービス▼
Social City, Sorority Life (Facebook)

▼概要▼
Playdomがどのようにゲームをデザインし、運営していくかを数値的側面、ユーザ感情的側面の双方からライブレクチャーする

▼要点▼
1
・SAPがサービスを運用していく上で注意を払う数値は
・Revenue(売り上げ)
・Growth(ユーザ数の伸び、数値全体の伸び)⇒Feedやどのようなプレゼントの交換が発生したか、などを数値文責する
・Engagement(ユーザの粘着度)⇒どれだけのユーザが、ゲームを好きでいてくれるかを示す大事な指標

2
・運営をしている中で、改善する項目に関してはそれが数値的にしっかり変化を見せるかが重要で、極端な話
・PVやデータのやり取りに影響を与えない改善はしないで良い

3
・ユーザが得意とすること、不得手なこと

◆得意
・ヘビーユーザにとって面白くなるゲーム改善の発信
・ゲームをつまらなくさせている箇所の発見
・細かすぎる改善点の発見
・ゲームにどうやったら複雑さとリッチさを加えることができるか、の発見

◆不得手
・ゲームのコンセプト理解
・より広いユーザ層へのリーチ方法の発信(拡散行為)
・ゲームをよりカジュアルにする方法の発見、発信

広告

From → game, GDC

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。