Skip to content

[english] 疑似緊急応対英会話

1月 14, 2011

■■■
早くもきたか!そのうちこうなると
予測をしていたものの、まさかこんなに早く… ぐぬぬ。

twitter で英会話、というのを初めて早1ヶ月。
最初はそこそこみんな1日1投稿ぐらいはしてくれていたのですが。
徐々に投稿数が減り、今や僕しか投稿していないと..

英会話参加者だけではそりゃ過疎ると思ったので、
外の人にも声を掛けてみたりしたんですが、
そこまで英語に対するモチベーションがないのか、
やっぱあんま投稿しないんですよね。

まぁ、そもそも「つぶやき癖」がない、という
話もあるんですけどね。

Dixitもそうですが、そのうち飽きるんです。
いま2回目ですけど、早くもメンツが固定化しつつあるので
マンネリ感が否めない。

■■■
やり方をかえていく必要はありますね。
ずっとtwitterやらせといて後は放置!っていうのでは
続かないのは当然ですから。
Dixitも、ゲームなのでいずれ飽きますわなあ。そりゃあ。

■■■
目標設定するか。

TOEICとか受けるとなるとググっとハードル上がって
一部の人々が盛大に取り残されてしまうので
何か…何かわかりやすく、ほどよく目指しやすく、
それなりの達成感を得られるものは… ないものか。うーむ。

×点数系は難しい
 問題を作るのは難しくないけど、あの人らのレベルを
 読んで作るのが難しい。問題を解くトレーニングをしていない
 人らに合わせるって… 無理じゃん。作れない。

○ダイレクトに実感できるのがいい
 じゃあ日常で英語を使って、「しゃべれた!」「通じた!」
 なんて実感、味わえるとは思えない。新大久保とか行けば
 外国人たくさんいるかもしれないが。そういう人ら、だいたい
 日本語使えるでしょ。

 ただ、英語を使ったときのあの「ものにした」感は
 味わってほしいですよね。ああいうの大事だと思うんです。
 
 なので、授業で「疑似緊急応対英会話」やってみようと
 思うんです。

■■■
疑似緊急応対英会話とは?

疑似ってのは授業中にやるから疑似なんですが、
多分、私らが普段使う英会話シーンって、だいたい
緊急応対的なシーンが多い。「道教えて!」とか。
それしか思い浮かばないんですけど…

ただ、この外人に道を英語で「教える」ってのは
バカ難しいんです。乗り継ぎとかどう説明します?
駅から駅へ歩いて行くところとかありますけど、あれは
どう説明すればいい?正直ちょっとわかりません。

そして外人がこういうとき、「ああ、わかったー!」って
なったとき、こっちも「ああーよかったー!」ってなるじゃないですか。
あの達成感がほしい。

なので、次回からは、「外人に道を教える」緊急応対英会話、
やっていきます。もう盛大な英会話実験場です。乞うご期待!

広告

From → english

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。