Skip to content

[english] Dixitで英語!

12月 16, 2010

昨日はTwitterで英語のReading と Writingを訓練するという
荒技について話しました。
社内では好評なんですよ!これでも。

次は

Speaking >> Output
Listening >> Input

の訓練について。ただ、Dixitというわりと邪道なやり方の
説明をする前に、こんなサービスのご紹介。

▼ListenIT
http://listen-it.com/

これは優れたサービス。海外のテクノロジー関連の
プレゼンテーションを基に、しゃべりながら聞きながら
英語を学んでいけます。特に、

This is a pen >> ズィスイザペン(ズィス イズ ア ペンではない)

つなげた発音についても教えてくれて、英語のコツのようなものを
教えてくれます。

ブログの方でも「あー!!あるあるそういう94%当てはまるルール!」
を紹介してくれていて、これまた「コツ」的なことを教えてくれてます。

オススメですので、ぜひ。講師の人もとてもクレバーですね。
恋人にはしたくないタイプです… (´ω`)コワイ

本題に戻ります。

dixit

Dixitですね。

簡単にルールを申し上げますと、

1.毎ターン語り部を立てる
2.語り部は手元の抽象画が描かれたカードを見て、それについて語る
3.聞き手は語り部の話に最も近いと思うカードを場に出す
4.語り部のカード(本命ですね)も場に出してシャッフルして並べる
5.聞き手は場のどのカードが語り部の語った本命カードかをあてる

以上です。ポイントは

◆誰もカードを当てることが出来なかった場合、もしくはみんな当ててしまった場合は
 語り部にポイントが入らない

というところでしょうか。つまり

「わかりにくすぎてもいけないし、わかりやすすぎてもダメ」

という要件を満たす文章を考えないといけないわけですね。

もうお分かりですね。これを 英語 でやるわけです。ほほう。

正直まだ実践してないので、効果は全くわかりません。
来週の水曜日に初戦が控えてますので、その結果をお待ちください…

広告

From → english

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。