Skip to content

[english] Twitterで英語!

12月 16, 2010

twitbird

会社で英語を教えることになりました。

教えてくれと頼まれたわけですが、僕はただ帰国子女というだけで英語がしゃべれて、
TOEICの点数も950あるとはいえ、人様に教える能力はありません。
皆無です。学生時代に家庭教師とかやっておきながら。あれは墓穴ほったなー。

そこで導入したのがTwitterとDixit。なぜか。

英語には(どの言語もそうだけど)input と output があります。

speaking >> output
listening >> input

writing >> output
reading >> input

ということなのかなと。outputとinputは同時にやるのが
望ましく、偏ってはいけないと考えています。なので、

speaking と listening をDixitというゲームを用いて。
writing と reading をTwitterというショートブログサービス(まわりくどいか)を
使って「同時に」養ってもらおうと思い立った訳です。

Dixitについてはルール説明が面倒ややこしかったり、
今日は珍しくブログを書いたりして疲れているので明日以降に書くとして、
Twitterについてはかなりシンプルで、かつ勝手に「イケるんじゃないかこれ」
なんて思ったりしてるので、今紹介します。

★ルール
・1日1回、英語でツイートする。内容は業務についてやらそのときの
気持ちでも何でも良い

以上です。簡単ですね。

ただ、これは言い換えると1日1回英作文を作成している、ということになるわけで、
日常生活でこんなことはほぼやりません。ばりばり英語教育を受けている
学生ですら、やっているか怪しいです。やってないでしょ!
かなりのwriting訓練になると思ったのです。

あと、参加者(うちの場合は5人ぐらいでやってますが)がお互いをフォローすること
も重要で、お互いの英作文を見ることになると。これがReading訓練になると。
ただ間違った文法を覚えてもらっては困るので、英語をしゃべる好きな有名人を
フォローするように勧めています。これはみんなやってるのかなー?

ともあれ、

「えーそんな文法とか自信ないし(´・ω・`)ショボンヌ」

なんて言う人もいますけど、文法に自信がなくてもとにかく
「書こう」とすることで英語に対する抵抗感がなくなる。
文法に関しては先生役の僕が適当に訂正replyかますのでそれで
覚えてくれたらいいのです。なんならforest貸します。

そして

「何かいていいかわからん(・∀・)シケル」

なんかあるだろ!なんかあるはずなんです。日本語で思ったことを
そのまま英語にするだけ。

こんな感じでreadingとwritingの訓練を進めているんですが、
まあ案の定です。

うまくいかない。

全然イケテナイ。

案外みんなツイートしないんですよね。
普段からtwitterやるような人らでもないみたいなので、
ツイート癖をつけてもらう必要がありそうです。
あとは英語への抵抗感とか…まだ払拭できてないんだろうな。

まぁでも一番心配していた子が高頻度でツイートしてくれていたりと、
希望もまだ残されているので、あと1ヶ月はこれでやってみようと
思います。

広告

From → english

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。